同じUHF20素子相当のデザインアンテナを比較した場合、業界トップクラスの受信性能、高利得を誇る大手DXアンテナ社製。本体の厚みはわずか4.9cm、サイズは9cm×22cmで業界最小クラス。コンパクトサイズのため狭い屋根裏や天井裏などへの取り付けも最適。 い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。 é›¢å—ä¿¡ã‚’14素子・20素子・27素子で比較実験しました。一般的に八木式アンテナは、エレメントが多い方が利得が高くなり指向性が上がるといわれます。しかし、最も安定して高感度だったのは20素子でした。1番バランスが取れている地デジアンテナといえそうです。 多くのメーカーから、規格や価格もさまざまな4kテレビが販売されています。 ったのに「テレビが映らない…」ということを避けるためのポイントを紹介します。 地上デジタル放送は、室内アンテナでもクリアで安定した受信できる可能性が高い事をご存じでしょうか? 地デジ時代に注目されている室内アンテナの性能を、実際に筆者の自宅で設置して比較検証しまし … テレビを楽しむためには、テレビ放... 4k・8k放送の実用化にともない、一般家庭にも4kテレビが普及してきました。 自作ブースターを製作して、電波を増幅して放送を受信する実験を行いました。雑音指数の低い nec 2sc3355、広帯域のupc3237tk、低価格ICの 東芝 ta4020ft を使用。 テレビ放送を受信するアンテナには、「UHFアンテナ」と「VHFアンテナ」の2つがあります。 地上デジタル放送用のアンテナをdiyしたのだった。 光ケーブルを取り替えたことを先日ブログに書いたことで、地上デジタル放送のアンテナが手作りだったことを思い出した。屋根の上には前住人が使用していたアンテナがあり、当初それ … 地デジアンテナを設置する場合、アンテナの方向と高さの調整がとても大事になってきます。 方向や高さの調整が十分でないと、特定のチャンネルの映りが悪かったり、映像が全く受信でき … マイホームを建てたら、アンテナを新しく取り付けないとテレビを見ることができません。, アンテナを購入するためカタログを見ていると、「利得」という項目があることに気づきます。, 一般的には、あまり聞かない単語なので「利得ってどんなもの?」と思う人も多いのではないでしょうか。, 2011年に地上デジタル放送に完全移行したことで、地デジを見るにはUHFアンテナが不可欠となりました。, アンテナが電波を受信するときの効率の良し悪しを示すもので、同じ強さの電波なら利得が大きいほどアンテナから取り出せる電波の強度が強くなり、弱い電波もキャッチできるのです。, 指向性とはアンテナの放射方向とその強さの関係のことであり、「指向性がある」ということは放射が強くなる特定の方向を持っていることを表しています。, 利得が大きいと特定の方向での感度は上がりますが、それ以外の方向では性能が大きく下がります。, そのため、放送塔が目視できるような場合で、正確にアンテナの方向を合わせられるなら利得の大きいアンテナは有効です。, しかし、放送塔が目視できない場合などでは大きな利得のアンテナでは使いにくいということもあります。, 利得の単位はデシベル(dB)です。デシベルは比率の単位であり、基準となるものと比べるための指標です。, 例えばA社のアンテナB製品の利得が0デシベル(dB)であったのなら、その性能は基準アンテナと同じだということを示します。, 2倍の性能なら「3dB」であり、4倍なら「6dB」、100倍なら「20dB」となります。, デシベルは常用対数の計算式で求められるので、性能が2倍だから利得が2倍になるのではないことに注意が必要です。, 「基準となるアンテナ」には、2つの種類があります。1つは「ダイポールアンテナ」、もう1つが「アイソトロピックアンテナ」です。, ダイポールアンテナとは最もシンプルなアンテナであり、これを基準としたときの利得を相対利得といい、単位は「dBd」または単純に「dB」と表記されます。, 一方、アイソトロピックアンテナは、全方向に一様な電波を放出することを仮定した架空のアンテナです。, アイソトロピックアンテナを基準とした利得を絶対利得と呼び、単位は「dBi」が使われます。, ダイポールアンテナの絶対利得は2.14なので、dBdとdBiを単純に比較することはできません。, 引っ越し先などにあらかじめ設置されているアンテナの利得を知るにはどうすればよいでしょうか。, アンテナの利得は製品によってさまざまなので、正確に知るにはアンテナの型番が必要です。, UHFアンテナには、魚の骨のような形をした「八木式アンテナ」やコンパクトな「平面アンテナ」、「室内アンテナ」といった種類があります。, 広く普及している八木式アンテナの場合、素子(エレメント)と呼ばれる横棒の数で性能が変わってきます。, 素子が多いほど利得は大きく指向性が高くなるのです。電波の強さは住んでいる地域によって差があり、これを電界地帯と呼んでいます。, 電界地帯には強、中、弱の3つのレベルがあります。強地帯なら4~8つ程度の素子のアンテナでも充分です。, しかし、弱地帯では20~26素子が必要なケースもあります。自分の地域の電界地帯を知るには、近所のアンテナを調べるのが最も手軽な方法です。, 電波の弱い地域には大きめのアンテナが目立つ一方、電波の強いエリアでは平面アンテナなども多くなります。, ただし、利得や電界地帯を調べるためだけに業者の有料サービスを利用するのはあまり得策ではありません。, うまく言いくるめられて法外な値段のアンテナを買わされるおそれもあるため、十分に注意しましょう。, 賢くアンテナを選ぶには、地域の電界地帯や周囲の建造物などの環境条件を考慮に入れることが大切です。, 放送塔や中継塔に近く電波が強いエリアならば利得の大きなアンテナも役立ちますが、そうでないなら逆効果になることもあるのです。, それぞれの条件によって最適なアンテナが違うので、アンテナ選びで失敗したくないのなら信頼できるアンテナ設置業者に依頼するのが一番です。. 度を確認しましょう。選び方ガイドでは、最も一般的な屋外用の八木式アンテナ、屋内・屋外兼用の平面アンテナ、そして手軽に導入できる屋内用のアンテナの違いをわかりやすく解説します。 それぞれ受信できる電波の種類に違いがあり、使用できる場面も異なります。 テレビを見るためには、放送電波を受信するアンテナが必要です。しかしアンテナの種類は様々で、住んでいる場所や見たい放送に適しているものを選ばなくてはなりません。こちらでは、テレビ視聴に必要なアンテナの種類と選び方について解説します。 antop テレビアンテナ ufo 地デジアンテナ 屋外hd tvアンテナ 地上デジタル放送用 uhf対応 360度全方向受信 ブースター付き 4g lteフィルター内蔵 5mアンテナケーブル付き 超軽量 小型 高利得 室外 アンテナ … 楽天市場-「地デジアンテナ」(アンテナ<テレビ用アクセサリー<アクセサリー・部品