(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 悪い音の半分はこれ! 中にはクラプトンのようなミドルの強い柔らかい音を出したいという人もいるでしょう。ただクラプトンと同じピックアップを使えば同じ音が出るかと言えばそういうものではありません。 アンプも違えばギターのセッティングも大きく異なるからです。 思い切ってぐいっとドライブのつまみを下げましょう。, 単体だといい音なのに、バンド全体で合わせると微妙・・・というのもあるあるです。 これが定まっていないままつまみを触ってても永遠に納得いく音にはなりません。, ほんこれ。 ライブハウスにおいて、バンド全体の印象を決定づけるのは、1にボーカル、2にドラム、3がベースで4にようやくギターです。ボーカルやボーカルがしょぼければ全体がしょぼく聞こえますが、ギターがしょぼくてもそういうもんかな?となります。逆にギターだけがめちゃくちゃ良くても、全体の印象はよくなりません。 まず、基本的なアンプのセッティングで注意したいのが 「歪ませすぎない」 というところですね。 よくCDなどの好きなギターの音がめっちゃ歪んでいるからGAINはマックスというのは間違いですね。 レコーディングした音はスピーカーにマイクを近づけて録っています。 ので立って聞こえる音と収録されている音は違うのが当然です。 そしてマイクで録音した音は歪みがフルじゃなくても割と歪んでるように聞こえる。 と … ベースの音作りをする時に、いきなりツマミを触って音を出すというようなことはしません。正しい手順を踏みながら少しずつ音の特徴を掴んでから、調整して音作りをしていきましょう。 ここでは、ベースの音作りの基礎となる手順について解説します。 ブリッジ 7. 半田 12. 次にミドルです。ギターに一番重要な帯域です。満足行くまで上げてください。 ただし、ミドルも上げすぎると耳障りになってきます。(特にjc-120など) ※ドンシャリが好きならベースから先に設定しましょう。 最後にベース。 初心者のバンドとかだと、なかなか良い機材使ってるのになんで出音そうなるの!?っていうのをよく見ます。音作りは陥りがちな罠がたくさんあるので、考えていきましょう。. ギター・ソロは中域(ミドル)を上げてマイルドでサスティーンのある音に仕上げる、などの傾向があります。 次回に具体的なセッティング例を上げて図解したいと思います。 セッティング時に気を付けるモニター(聞く)位置 ギターでズンズンと低音の効いたサウンドを出したい人には、多分bd-2は合わない。 ... ゲインを上げすぎない(歪ませすぎない) ... sd-1は低音をバッサリなくして、ミドルを強調したかんじのサウンドにな … ハイ抑え目、ミドル多めでコーラスオンって感じで如何でしょう。 ③ブライトスイッチをon時のセッティング. これはほぼほぼイコライジングの問題です。 とりあえずアンプにギターをつないで、音を出してみたはいいものの、 なんかモコモコした音がする… 弾いてみても「ボコッ」みたいな音しか鳴らない… ↓ てことは、低音が出すぎているせいなのか…? じゃあ、高音上げてみようかな…? ↓ 配線材 と、実際に違いを感じれるかどうか分からないものもありますがこんな所だと思います。 自然の産 … ギターの練習も同じで 気分転換はとても大事だし。 映画や本などを読んだりすると ギターにも返ってくることがあります! さては、みなさんは、アンプをお持ちですか? アンプのトーンセッティング つまり、トレブル、ミドル、ベースは ギター講師の稲垣です。 ... トレブルとは高音の事を指します。このツマミを上げていくことで、音に高音をプラスしていくことができます。 ... 起こした場合、このツマミを下げることで解決することを知っておきましょう。 ・middle(ミドル) ちなみに、私の機材はこちらで紹介してます。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 折り紙を折りながらボードゲームを作る音楽屋さん。 Arbus、白の無地、kosyoの人/作曲(中川翔子「イイヨね」エビ中「テブラデスキー」マジパン「手のひらがえし」etc.)/ギターとか/レッスンもします/HOX「CESSPOOL」レベルデザイナー/1987年6月生まれ/B型一人っ子詳しいプロフィールはこちら, 今日は僕が普段ライブでどんな機材を使っているかをご紹介しましょう。 そういうのって人に言いたいやん? Les Paul Classic 2003年製。たしか2010年くらいにArbusの下手ギターふーじーさんから10万くらいで買いました。(彼はカスタムショップのレスポールに乗り, ピッチ補正ソフト、どれがいいの?Melodyne、Auto-Tune、WAVES Tune比較. bias fx2でシンプルなハイゲインの音作りを紹介しています。 demoとしてff7の戦闘bgmを弾いてみました。 使用エフェクター/アンプのつまみ位置もキャプチャで貼っていますので、よかったら参考にして … リードギターが使うマーシャルの歪みはあんまり聞こえなくて、サイドギターが使っているjcだけハイがキンキンするのはこのためです。過剰に歪ませるのは止めましょう。ある程度までゲインをあげて、レベルを下げすぎないようにして音量を稼ぎましょう。 先日キャパシタを付け替えたのでその話題を。 出音に影響のあると言われがちなハード面のファクターをバッと挙げてみます。 1. 高音を上げすぎず、ここぞというときにds-1を. ボディフィニッシュ 4. シールドや、パワーサプライの電源ケーブル、コンデンサ・・・たしかに音は変わります。でもおそらく、その変化はお客さんには届きません。 ポット(抵抗値) 10. ギターのローを上げすぎて、ベースとかぶってしまい、結局打ち消しあってスカスカになってしまうパターンがよくありますね。 また、大抵のバンドは主役はボーカルなので、歌を邪魔しないイコライジングが大前提です。 実はjcはブライトスイッチをonにした設定のほうが この部分をブーストするとシャキっとして煌びやかに聞こえるのでついつい上げがちですが、これがかけすぎる原因です. コンデンサより確実に出音に影響するのが、右手のピッキングであり、左手のミュートです。これがちゃんと出来ていないのにいくらいいエフェクター買ってもどうしょうもないので、ギターを練習して下さい。, というわけで、とくにアンプにもエフェクターにも興味がない私からは、練習しろ、ということで締めさせていただきます。 僕はこの聞こえ方はもうかけすぎてると感じます また、大抵のバンドは主役はボーカルなので、歌を邪魔しないイコライジングが大前提です。ミドルは音の目立ち具合に大きく関わるのですが、みんなバッキングなのにミドル出すぎです。バッキングではミドル控えめ、ソロではミドル上げつつ音量も少し上げる(ミドル上げるだけで音量が上がった感じにはなりますが)、というセッティングにするとよいかと思います。, 要はエフェクター使いすぎ問題。ポストロックやシューゲイザーはもはやそういう文化ですし、ちゃんとエフェクターの効果でプラスに持ってくものなのでいいのですが、普通の歌ものだと基本はマイナスです。対策としては、スイッチャーで分岐をつくる、トゥルーバイパスのエフェクターを選ぶ、いいパワーサプライをつかう、などですね。そうです、お金がかかります。が、エフェクターたくさん持ってるならお金はなんとかなるっしょ・・・, 逆に、ギター単体の音はいいパターン。 ネック材(太さや指板含む) 5. キャパシタ(コンデンサ) 11. ボディ材 2. また、こういう細かな変化は音の入り口から出口まですべて同ランクのもので統一できてこそ力を発揮します。ライブハウスではどうしても音の経路の中にライブハウスのシステムが入り込んできますので、こだわりが無になる可能性が高いです。 ボディシェイプ 3. 弦(ゲージや材質) 8. リードトーンの場合はミドルの設定が肝ですので、自分のギターの特性と相談しつつモコモコとした鼻つまりの様なサウンドになりすぎないレベルで上げていくとリードトーンでの太さはある程度までは確保できているのではないかなと思います。 のバッキングギターのセッティングです。 使用しているギターが低音よりなのでtoneは上げめに。 gainはこのくらいだと歪みすぎずにザクザクなってくれるので弾いてて気持ち良いですね。 ボリュームはや上げ気味にすると、歪みのコシがグッと入ってくるので ギターが1番わかりやすいでしょうか? ギターの倍音にあたる2khz~4khzのブーストですね. 使用するギターやアンプの特性で出やすい音域が変わるので、とりあえずトレブルは上げすぎて耳が痛くないでもギターがハッキリ聞こえる。 ミドルはモコモコしすぎない、でもなるべく高め。 例えば同じ周波数がかぶって音が急に引っ込んでしまう「マスキング」という現象があります。ギターのローを上げすぎて、ベースとかぶってしまい、結局打ち消しあってスカスカになってしまうパターンがよくありますね。 ちなみに、ワンマンでリハも十分にあり、PAも自前で用意できる、すなわち自分で決定できる範囲が広いときは意味がある場合もあるかと思います。 また、音質にシビアなレコーディングにおいては、こだわるべき事項です。, どんな音がほしいか、理想があって初めて機材は決まります。 音作りは良い演奏を目指す上で非常に重要な要素ですが、個人的にリードギターよりギタボのバッキングギターの方が音作りが難しいように感じています。主張しすぎない範囲内で曲に厚みや変化を与えるための微妙な調整というのは、いつまでたってもゴールが見えない道のりです。 ピックアップ 9. 典型的なバンド編成の中でとくに音作りに気を使うのがギターというパート。 中音域を担う目立ちやすいパートの貴方のギターの音で もしかすると観客を不快にさせているかもしれません。 アンプ 主に日本のライブハウスやスタジオではマーシャルかRoland JC120が置いています。 家庭持ちのギタリストのお館です。今回は実際にコピーバンドを組んでみたいという方向けにより具体的な機材の選び方を解説していきます。・ -My Hair is Bad-の曲をコピーしたい ・ギターはすでに持っている。・アンプはスタジオやライブハ ギターの音ばっかりが大きすぎて、ボーカルは聴こえないし、ドラムやベースがかすんでしまうし、何より騒音レベルで耳が痛い・・・ということを回避するためにも、音量は上げすぎないように注意しま … この方法は音作りに無頓着だったわたしが、何年もバンド活動をしていく中で身につけた方法です。, サウンドメイクに無頓着なバンドを組み立ての頃、緊張もそこそこにヘドバンやジャンプなどパフォーマンスしながらのライブを見ていただいたお客さんに自信満々に感想を聞いたところ, この方には私が直接ギターの弾き方を教えてあげていて、その時には上手いといわれていたのでショックは大きかったです。。, そう、どんなに上手く、どんなに素晴らしいフレーズが弾けても聞こえなければ意味がありません。じゃあどうすれば良いか?, この時、このサウンドこそ最高だ!とまでならなくても大丈夫です。わたしもそうだったのですが、音作りに無頓着だからこそ、他人の音にも無頓着で実はあまりギターサウンドの違いがわからない・・・と思っていたからです。, で、そんな違いがあまりわからない人は余計にプロのCDやプロのライブを参考にするようにしましょう。プロの音ならスペシャリストがサウンドメイクをしているわけですから、多くの人にとっての”いい音”の条件を満たしているからです。好きな音が見つかったら、あとはその音のマネをするだけ!!, サウンドメイクはアンプのEQセッティングが要です。ギターとアンプ、これだけで好みのサウンドが作れなければ、いくらエフェクターやシールド、弦にこだわっても意味がありません。(※不親切な楽器屋店員は、不都合な真実としてこれを教えてくれません。だって機材をたくさん買ってほしいですからね。), 3.EQのつまみはトレブル最大、ミドル・ベースは0の状態からトレブル→ミドル→ベースの順にセッティング, と思うギリギリのところまでしかゲインを上げないことです。特にハイゲイン好きの方が陥りやすいのポイントです(実体験)。, 少し物足りないくらいのゲインの方が、サウンドに芯が残り、抜けも良くなります。また、ピッキングでゲインをコントロールする意識も身につくので上達の近道だったりもします。, EQのつまみはトレブル最大、ミドル・ベースは0の状態からトレブル→ミドル→ベースの順にセッティング がどんなアンプでも一番感覚的にわかりやすいです。, たいていのアンプでのトレブル最大はキンキンですから、耳障りでなくなるまでつまみを絞ってください。, 耳障り一歩手前なら”抜けが悪い”なんてことにはならないくらい、しっかりハイが出ているはずです。, 意識としてはつまみの位置が0や10になってもOKというところが意外と盲点です。なぜか極端なつまみの位置がなんとなくダメだと思っている方も多いようですが、全然アリです。, ”サウンドメイク”なのですから、視覚は無視して、自分の”聴覚”だけを頼りにつまみを回しましょう。, プレゼンスは聴覚上の歪み具合にも作用しますので、お好みで上げてください。ただし上げすぎるとシャリシャリになって残念なデジタルエフェクターのような音になってしまいます。, レゾナンスもベーシストに怒られない程度に、音圧気持ち良いくらいにしておきましょう。音量がしっかり出ていれば0でもいいかなと個人的には思います。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 【SE vs S2 vs Core 違い比較】PRS SE Custom24 レビュー, 【仕様解説】TC Electronic マルチエフェクター Plethora X5 レビュー, 【電源】Line6 HX Stomp、HX Effectsをパワーサプライで駆動させる方法. ナット 6. ミドルつまみは音のヌケを良くするポイントと言われています。 ベースとトレブルを上げて、ミドルを下げるといわゆるドンシャリサウンドとなります。 ギターソロなどで、ギターを目立たせたいときにはミドルを上げると良い感じになります。 ミドルクラスアンプは、自宅はもちろん、スタジオやライブなどでも活躍してしまうオールラウンダー。 ギターが弾けるようになって来たアナタは、「自分の音」に対してのこだわりも出始めてきている … 歪みを足したり、ある特定の帯域を持ち上げたりと様々な使い方ができるブースター。実はファズと並んで最も歴史の長いギター用エフェクターなんです。今回はそんなブースターの特徴や歴史を紹介していきます。 ブースターの種類と使い方基本的にブースターは ミドルとベースを下げ目にすることで、カッティングに合う歯切れの良いクリーンに。音が細くなりすぎないように調整しよう。 温かい雰囲気!ウォームなクリーン トレブルを下げ目にして、ミドルとベースはやや上げ目に設定。 プロの方はギターソロとかでミドルやゲインをあげるためにメイン歪みの前にオーバードライブを繋いで使っていますが、メタルなどのドンシャリ系の場合でもソロなどではオーバードライブなどをかけたりしますか?また、メタル以外のジャン ミドルを上げて、その他を下げます。 これもドンシャリのミドルと同様、あまり下げすぎないように、最低でも2ぐらいまでにしましょう。 3.フルテン 「フル」は、全て揃える。 「テン」は10(ten)。 名古屋パルコ店スタッフ シモザトセレクト オススメエフェクターをご紹介! 皆様、こんにちは。名古屋パルコ店 web・デジマート担当のシモザトです。今回からエフェクターや楽器に関して初めての と題したブログをいくつか更新させていただきます! 音楽性にもよりますが、一般的な(非メタル)ロック・ポップスの場合、全弦押さえるコード(Fとか)がちゃんとコードとして聞こえるのが最低条件です。歪ませるということは倍音を増やすということ、すなわち1音1音の雑味を増やすことなので、当然ごちゃっとします。何弾いてるかよくわからなくなってくるんですね。 bass4 middle7 treble4. 踏む前提でいくと.