Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved. 独身女性が老後に必要なお金はいくら? さて同様に1月辺りの生活費が16万円とすれば・・・ 65歳から87歳までは22年間264ヶ月なので、 12×264=3168万円; となります。 やはり同様にこの額から年金収入を引いた額が貯蓄するべき額となります。 結婚や出産、子どもの独立など、ライフステージの変化に伴って、気になってくるのが死亡保険の契約内容ですよね。一体、死亡保険金はいくらぐらい必要なのでしょうか?人にはなかなか聞きづらい死亡保険金の相場や具体例を紹介していきます。 3000万円ぐらいなのかな?. 1人暮らしでの老後資金いくら?. 70歳時点の金融資産は2000万円残っている; 60歳で定年退職している; 60歳から10年間は無職で過ごす . ということを前提として計算してみましょう。 まず60歳以降の年間支出を300万円(月25万円)で計算します。すると60歳時点で5000万円の資産が必要となります。 一般的な「男性サラリーマン」の場合、65歳での年金受給額は1ヶ月あたり「約15.7万円」。 ですので65歳から90歳までの25年間で受給できる年金は「 約4、710万円 ≒ 15.7万円 × 25年 × 12ヶ月」となり … また60歳から65歳は無収入の期間がありますので、21.2万円×12か月×5年=1,272万円でこの時点で2,892万円必要となります。 ほかにも医療費や子供や孫へのお祝い事やプレゼントなどの突発的な出費を加味するとやはり3000万円はほしいところですね。 現時点では、65歳から公的年金が支給されます。定年が60歳として、60歳から85歳または90歳までの約30年間に必要なお金を計算し、今持っている資産とこれからもらえる年金や退職金を引いたお金がこれからためなければいけないお金です。 上述の総務省の調査で65歳以上の単身世帯のうち無職世帯の家計収支をみると、女性の場合、公的年金などの収入から社会保険料や税金などを差し引いた「可処分所得」は1カ月で121,441円。 老後を独身で過ごされる方が増えてきている ... 現在の年金制度では、65歳を超えれば国民年金や企業勤めだった方は厚生年金を受給することができます。 国民年金額:65歳から平均寿命まで受給. 65才からの年金支給の平均月額は平均でどのくらいなんでしょうか。厚生年金35年加入、男性定年後無職。年々減額されているとか聞きましたが。10年先は、今よりもぐんと下がると思うので、今のうちからセカンド資金を準備しておかな 独身男性・女性の方で将来が不安、老後資金が不安という方は多いでしょう。今回、独身一人暮らしの平均的な生活費をシミュレーションし、老後にかかる費用の目安から老後資金の貯め方も紹介します。悲惨な老後を送らないために、ゆとりある老後に必要な貯金額を把握しましょう。 老後資金 蓄え 資産運用. 老後の年金、いくらもらえるか気になる方は多いのではないでしょうか。国民年金の平均は約5万円、厚生年金+国民年金だと14万円ですが、年代・年収・職業によって受給額は異なります。年金がいくらもらえるのか図表とともにわかりやすく解説します。 独身男性の老後に必要な資金はいくら? 独身男性の老後に必要な資金は、 当人の生活水準に大きく影響される ため、 一概にはいえません。 ただ、独身なら大体の生活に 必要なお金は把握されているでしょうから、 それを予想余命分、用意しましょう。. 恥ずかしい質問なのですが…私は50才です。2年ほど前からお付き合いしています。月に何回かsexをするようになりました。相手は久しぶりだったそうで、最初はなかなか最後までいきませんでした。最近では何回かに一回くらいいくようになり 結婚しない人が増えている昨今ですが、その先に待ち構えている老後への覚悟があってのことなのか、お節介ながらも心配になります。 実際の統計を元に、2035年以降に未婚高齢者となる人を待ち構えている現実について、リアルなお話をさせていただきます。 」. 65歳 男性 未婚 定年となり余暇を持て余しております。人と触れ合わない寂しさを感じています。周りは妻だの子だの孫だのと幸せそうな人ばかりがいるようで寂しさも一層と感じてしまうこの頃です。同じ様な境遇の人と知り合えたらと思います。 独身ではいくら貯めれば良いの? 2016年10月19日. 老後のための資産形成】~40代のサラリーマンの方へ~. 「老後もこのまま1人で暮らしていくことを考えているけど、独身男性の老後資金の必要額はいくらなんだろう?. 公開日 : 2019年3月4日 / 更新日 : 2019年5月4日. 投稿日:2019年8月27日 更新日:2019年12月17日, 老後にいくら必要かが語られるとき、多くは夫婦二人での生活費が仮定されています。世間をにぎわせた「老後資金2000万円問題」も高齢夫婦二人暮らしを仮定としています。それでは独身で老後を過ごす場合にはいくら必要となるのでしょうか。独身の場合に必要となる老後資金とその貯め方について紹介します。, 独身の場合に必要な老後資金を算出するために、何年生きるか(平均余命)、生活費はいくらかかるか、公的年金はいくらもらえるかを知る必要があります。結論としては、老後資金として男性は920万円、女性は1150万円は必要となります。, 老後資金に必要な額を計算するためには平均余命を知る必要があります。生きる期間が長くなるほど老後に必要な金額も大きくなっていきます。なお、ここでは65歳以降を老後とします。, 厚生労働省「平成30年簡易生命表」によると、65歳での平均余命は男性が19.70年、女性が24.50年です。ざっくりと、男性は65歳から20年間、女性は65歳から25年間生きるとして計算していくこととします。女性の方が長生きなので必要な老後資金も大きくなると考えられます。, 次に、老後の生活費にいくらかかるかです。ここでは総務省統計局「家計調査報告(家計収支編)2018年」より高齢単身無職世帯の平均的な支出額を紹介します。あくまで平均ですが、一つの目安となるでしょう。なお、65歳以上ではなく60歳以上のデータであることに注意してください。, 上表より、老後は月に161,995円かかることがわかります。なお、平均値であるため住居費が月に18,268円となっています。賃貸住宅の場合は家賃がもっと多くかかるでしょう。家賃は住む場所や専有面積などによって大きく変わりますが、「平成25年住宅・土地統計調査」によると、65歳以上の単身世帯の1カ月当たりの家賃は41,562円です。持家ではなく賃貸で生活するという場合は、月に185,289円必要ということとなります。, 老後に必要な生活費はすべて現役時代の貯蓄で賄うわけではありません。現役時に年金保険料をきちんと払っていれば国民年金・厚生年金が支給されます。公的年金がいくらもらえるのかは保険料を支払っていた期間や金額によりますが、平成29年度厚生年金保険・国民年金事業の概況によると、平成29年度末時点の厚生年金の平均年金月額は147,051円(基礎年金を含む)、国民年金の平均年金月額は55,615円です。, それでは老後資金にいくら必要か計算します。老後に必要な生活費から公的年金の受給額を引いた金額が老後資金として用意する必要がある金額です。, 男性(賃貸・厚生年金):(185,289-147,051)円/月×12カ月×20年=9,177,120円女性(賃貸・厚生年金): (185,289-147,051)円/月×12カ月×25年=11,471,400円, より、男性は920万円、女性は1150万円は必要だという結果となりました。賃貸の更新費用や介護費、平均余命よりも長生きした場合などに備えると1500万円は用意するとよいでしょう。厚生年金ではなく国民年金だという場合や家賃がもっと高額だという場合には必要な金額はさらに必要になります。, 老後に必要な約1000万円、長生きした場合などに備えて1500万円をどのように貯めていくのがよいのでしょうか。老後資金の貯め方を紹介します。, まずは家計の収支の状況と月にいくら貯めればよいのかを明確にしましょう。何となく老後資金を貯めるつもりで貯金しているだけでは、なかなか必要な金額を貯めることはできません。現在月にいくら貯めることができているのか、目標とする金額にいくら足りないのかを明確にし、足りない金額については固定費を削る、無駄遣いをなくすなどして確保しましょう。, なお、勤めている会社で退職金が出る、65歳以降も働くことができるのであれば現役時に用意する必要がある金額は少なくなります。現在の稼ぎではどうしても貯められないという場合は退職金の有無や定年の時期、定年後も働けるかを確認してみましょう。, 生活費の余りを貯蓄するのではなく、収入から先に貯蓄額を引いて残りで生活をするようにしましょう。こうすることによって月によって貯蓄額がぶれることなく着実に貯蓄していくことができます。また、貯蓄はできるだけ崩しにくいもので行っていくとよいでしょう。意志が弱い人ほどお金を崩すのにひと手間必要であったり、すぐにお金を崩すと損してしまったりするようなもので貯めていくのがよいと思います。, 候補としては、iDeCo(個人型確定拠出年金)やつみたてNISA、投資のことはよくわからないという場合は個人年金保険や終身保険などの貯蓄型の保険が挙げられます。どれも一長一短あるので自分に合ったものを選びましょう。どれを選べばよいのか分からない場合は、まずは貯金から始めて資料請求などをして情報収集をしましょう。, 独身の場合、老後資金として男性は920万円、女性は1150万円は必要です。長生きした場合や介護費などに備えて、余裕をもって1500万円ほど用意しておくとよいでしょう。老後に必要なお金は「収入-貯蓄=生活費」の考え方を基本として、すぐに崩してしまいにくいiDeCoやつみたてNISA、個人年金保険や終身保険などの貯蓄型の保険などで貯めていくと失敗せずに貯めていきやすいです。, 「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。自動車保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。現在の運営会社はSBIホールディングス株式会社となり、公正かつ中立的な立場で自動車保険のみならず生命保険に関する様々なお役立ち情報も提供しています。, 保険の窓口インズウェブを運営するSBIホールディングス株式会社は保険会社または保険代理店ではありませんので、保険の媒介・募集・販売行為は一切行いません。. 生涯未婚率とは50歳の時点で結婚経験がない人の割合を数値化したものです。1960年には男女共に1%台だった 生涯未婚率も2015年には男性23.37%、女性14.06%と50年の間で急上昇 しています。 独身女性の老後の消費支出は1ヶ月で約15万円とされています。将来、お金で心配事をつくらないためにも、確定拠出年金などを活用し資産運用をして老後に備えておくことが大切です。不安を払拭すべく、まずは「独身女性の老後資金に必要な金額」を算出してみました。 ざっくりと、男性は65歳から20年間、女性は65歳から25年間生きるとして計算していくこととします。女性の方が長生きなので必要な老後資金も大きくなると考えられます。 生活費はいくらかかるか. 皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、老後を迎え、今後が資金的に心配になってきた60代の男性です。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんが担当します。 男性が老後資金を考える際に、 大切になってくるのが独身男性なのか、 それとも既婚男性なのかです。, 必ずしも既婚男性の方が安泰とは 言えないものの、既婚男性なら 老後は年金が二人分入ってきますが、独身男性なら一人分ですから、どうしでも 独身男性の方が厳しくなってきます。, 実際にFPである筆者は、日頃から 様々な方の相談にのっていますが、 独身男性の方が老後資金について 厳しい結果がでるのが実情です。, 独身男性の老後に必要な資金は、当人の生活水準に大きく影響されるため、 一概にはいえません。, ただ、独身なら大体の生活に 必要なお金は把握されているでしょうから、 それを予想余命分、用意しましょう。, ちなみに貰える年金額は、 現役中の年収によって変わりますから、 その点も踏まえる事が大切です。, 独身男性の老後の生活費は、 繰り返しですが各人で全然違うので、 一概にはいえません。, ただそれでも、おおむね15~20万円が、 独身男性に必要とされる基本的な 生活費といえるかもしれません。, 仮にあなたが30歳で、60歳時に 3千万円を貯めると仮定すると、 30年で3千万円ですから年で 100万円を貯める事になります。, ただし、30代の頃には結婚資金や教育費、 住宅ローンの頭金も必要なことが 多いので注意しましょう。, 仮にあなたが40歳で、60歳時に 3千万円を貯めると仮定すると、 20年で3千万円ですから年で 150万円を貯める事になります。, ただし40代の頃は、まだまだ 教育費と住宅ローンの負担が重く、 思ったように貯金できない事も 多いかもしれません。, 仮にあなたが50歳で、60歳時に 3千万円を貯めると仮定すると、 10年で3千万円ですから年で 300万円を貯める事になります。, ただし、最近では晩婚化の影響で、 50代でも教育費や住宅ローンが 残っている事も多いので、 注意しましょう。, もう60歳を超えてしまうと、 一般的な延長雇用は65歳ですから、 わずか5年しか準備時間がありません。, このため、60歳を超えてしまうと本気でどうにもなりませんから、 それまでに準備してしまう事が大切です。, 独身の方が老後資金を考える際には、 住居を購入するのか賃貸にするのかで、相応に対策が変わってきます。, そして、どちらの方が良いとは 一概に言えないところもあるので、 十分に吟味しましょう。, 特に最近の日本は、色んな大災害が 起こりやすくなっていますから、 そういう点でも安心です。, またどちらかと言えば、賃貸物件の方が 立地的に駅に近いことが多いので、 そういう点もメリットといえます。, また高齢になってくると、大家が 孤独死などを警戒して契約を 結びにくくなる点もデメリットです。, ただ、購入したらしたで住宅ローンや リフォーム代などが必要になってくるので、 金額的には大差ないかもしれません。, 代わりに住宅ローンやリフォーム代を 考える必要がありますが、それでも 家は残るので資産ですからね。, ただし、一般的に35年後には 家に資産性はなく、売っても 土地代にしかならない事が多い点には 注意が必要です。, また引っ越ししにくい点も、 災害が増えてきた今の日本では、 大きなデメリットです。, 今は独身でも、今後結婚する可能性も 残っていますから、ひとまず 購入するなら慎重に考えましょう。, 老後・年金の相談、婚活支援、生命保険、資産運用、住宅ローン、 相続・贈与、離婚・転職, など様々な分野の相談に対応する 山本FPオフィス代表。 日本初にして唯一の『婚活FP』として活躍中。. 生涯未婚率は増加し、独身女性が増えている. 皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、年金生活に不安を抱えている64歳の独身男性。年金額が少なくこの先貯蓄が底をついたらという心配もあるとのこと。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。 独身男性の老後資金必要額は3000万円?. 老後の生活費はいくら?国民年金はどのくらいもらえるの?と老後の生活に不安を覚えている方も多いのではないでしょうか。安心して老後を送るために必要なお金のことを考えてみませんか? 65歳以上の独身男性が、いったい何人と会話を交しているのか人数を聞いています。 一番多いのは「1~4人」ですが、なんと「0人」という人も3.0%います。 つまり、まったく会話がない人がいるという … 60歳男性の貯金額(貯蓄額)の中央値は、920万円です。こちらも60歳の時点でのデータがありませんでしたので、60代全体を通しての中央値となります。65歳で退職金が入る方も多くいるので、60歳の時点での中央値はもっと低くなると考えられます。