さて、今回スヤスヤを見せてくれる主役フレブルはオリバー。 フレンチブル♀避妊済もうすぐ2歳です。 軟口蓋過長の手術をして、一ヶ月になります。 パピー時代に胃腸炎になりました。その後もたまに嘔吐があり、昨年秋ぐらいから嘔吐が頻繁になりました。 犬 フレンチ・ブルドッグ 短頭種気道症候群 軟口蓋過長. 実際に軟口蓋過長症の手術を受けるフレンチブルドッグはかなりの数に上ります。それだけに、まずは私たちがこれらの病気についてしっかりと学ぶことは必須。 そこで下村院長に色々と教えてもらいました。 フレンチブルドッグの保険を選ぶ際に、発症しやすいと言われている軟口蓋過長症の治療費がどれくらいかかるかご存知でしょうか?、かかりやすい病気やケガの種類、実際にps保険に加入していた場合の保険金お支払い事例の解説はこちらから。 『FBL5年目/BUHI15年目』に突入しました! 手術の病院と日にちが決まりましたぁ(^-^)/ 昨日ゎ…仕事中、軟口蓋通過病の手術を沢山してる病院さがしにおわれて、スマホで病院電話しまくりのー相談しまくりーので大変やったぁ~ まるでウズラの卵のような、きっちり楕円形の巻き巻きブヒ。 皆さんは「口蓋裂」という言葉を聞いたことはありませんか?もしかしたら、あまり聞きなれない病気かもしれません。この病気は主に先天性といわれ、深刻な病気の1つとされています。一体、口蓋裂とはどんな病気なのか、詳しく解説していきます。 軟口蓋過長の術後 質問カテゴリ: のどの異常 対象ペット: 犬 / フレンチブルドッグ / 性別不明 / 年齢不明 質問者: 大阪府 / 坊さん (この方の過去の質問 7件) 2006/11/30 02:58 ペット 何でも相談のフレンチ・ブルドッグのような短頭犬種を飼育する上での注意点ページです。 | オーストラリアの生活情報サイト。オーストラリア発の最新ニュースを毎日更新。オーストラリアの住まい、求人探しに便利なクラシファイドなど、オーストラリア生活に欠かせない情報が満載。 Copyright (C) 2021 フレンチブルドッグの飼育の基本 All Rights Reserved. いま愛ブヒが食べているフードの原材料を見たことがありますか? 表記のされ方によっては、何のお肉かわからない…人間が食べられない低品質なもの…という場合があるのです。, 今回は、安心できるフードの選び方「基本のキ」を学んでみましょう。そして、French Bulldog Lifeが自信をもってオススメするヒューマングレードを“超える”品質のフードをご紹介します!, スペインで活躍するアーティストのイトウマリさん。愛ブヒはハニーパイドのぶーちゃんで、French Bulldog Lifeでもスペインでの「フレブルライフ」を連載中。, そんなイトウマリさんとFrench Bulldog Lifeのコラボプロダクトが、ついに完成! これぞ、個性派のフレブルオーナにぴったり!, フレブルビギナーの不安を解消!迎える前の心得、揃えておきたいアイテム、自宅環境、接し方などをご紹介, 獣医師監修のFrenchBulldogLifeオリジナル病気辞典。愛ブヒを守るための情報満載, ドッグフレンドリーな国で過ごすフレブルライフを、アーティストのイトウマリさんがリアルな視点でお届け。, French Bulldog Lifeでは、保護犬を一頭でも多く救うための活動支援をしています。, French Bulldog Lifeは、迷子犬を家族の元へかえすための活動をしています。. 岐阜県岐阜市で犬・猫の診療を行っているみのわ動物病院の「軟口蓋過長症と外鼻孔狭窄症」のページです。動物たちや飼い主様とコミュニケーションを取り、最適な検査および治療方針を飼い主様と共に考え、常に安全性に配慮した診療を行います。 生まれつき病気にかかりやすいフレンチブルドッグたち。 さらに、彼らがなりやすい病気というのは、悲しいことに厄介なものが多い。 しつこい皮膚病やヘルニア、がんに心臓病など。 ここでは“その道の名医”といわれる獣医師たちを探し出し、独占取材をおこなっている。 フレンチブルドッグをペット保険に加入する際にはヘルニアや皮膚病、脳腫瘍に対する補償内容など、フレンチブルドッグに合わせた保険を選ぶことが重要です。今回は、実際にフレンチブルドッグを飼っている方の口コミ体験談をご紹介しつつ、ペット保険の必要性について解説します。 2016年12月にスタートしたFrench Bull... 超絶幸せそうなんですけど…。 フレンチブルドッグはじめ短頭種全般の犬種に多く、喉の奥にある軟口蓋が長く呼吸が通りにくくなってしまうものです。フレンチブルドッグの軟口蓋過長症は手術をした方が良いのか、またその費用について、まとめたいと思います。 フレンチブルドッグ・イングリッシュブルドッグ・チワワ・ミニレッキス・マメルリハ・文鳥 みんなまとめて愛してるっ! 軟口蓋過長症の手術当日と翌日. Oops! 軟口蓋co2レーザー手術、鼻腔拡張手術、 去勢シーリング手術 しました。 2週間後、去勢部位の抜糸に来られました。 「とても活動的になった」 「熟睡できるようになった」と喜んでくれました。   フレンチブルドッグがかかりやすい病気のひとつに、「軟口蓋過長症」というものがあります。, フレンチブルドッグはじめ短頭種全般の犬種に多く、喉の奥にある軟口蓋が長く呼吸が通りにくくなってしまうものです。, フレンチブルドッグの軟口蓋過長症は手術をした方が良いのか、またその費用について、まとめたいと思います。, フレンチブルドッグがガーガーと呼吸をしていたり、呼吸がしづらく時には無呼吸になってしまう場合には、動物病院に相談しましょう。, 手術で良くなり、改善する例はいくつもありますが、中には軟口蓋の手術だけでは呼吸の状態が改善しない場合もあるのです。, 中には、軟口蓋の手術をはじめたら呼吸にかかわる他の症状が見つかり、急遽一緒に手術をすることになった例もあり、そうなると手術費用は変わってきます。, また、ついでと言ってはおかしいですが、麻酔をするのなら、と虚勢手術を同時にお願いする飼い主も多いようです。, 病院と手術内容によって費用は変わってきますが、信頼のおける獣医を選ぶことがなにより大切です。, フレンチブルドッグなどの短頭類は、他の犬種に比べて麻酔にたいするリスクが大きいと言われています。, 獣医とよく相談した上で、犬の年齢や症状によっては手術をしない選択もあるかもしれません。, 軟口蓋の病気の原因は先天性のものが多いので予防するのも難しいですが、適度な運動とバランスの取れたエサで、肥満傾向にはならないようにし、暑いときには無理をさせないように過ごすことで、改善することがあります。. まる君、5月24日に無事に手術が終わりました全国のお友達から特大元気玉をいただいたお陰です本当にありがとうございましたフレブルちゃんは呼吸が苦しい子が沢山いる… 短頭種の鼻腔狭窄手術. フレブルが罹患しやすい病気・ケガの“スペシャリスト”を紹介する特集『もしものときの名医図鑑』。, 今回は、フレブルに多い軟口蓋過長症や鼻腔狭窄に代表される軟部外科と呼ばれる分野を得意とする「しもむら動物病院」を取材しました。, 下村直(しもむらただし)院長は、ご自身も過去にイングリッシュブルドッグ(バブちゃん)やフレンチブルドッグ(ドンちゃん)を相棒にされており、彼らの身体的特徴や体質について身を以て知っているという点も心強さのひとつです。, 他犬種と比較した場合、フレンチブルドッグは病気にかかりやすい犬種だということはすでに多くのオーナーが知っている事実ですよね。, だからこそフレブルオーナーが数人集まれば、いつも話題に上るのが「どこの病院が良いのか」についての情報交換。, この“フレブルに強い病院探し”トークは全国共通だけれど、関西圏、特に大阪でこの話題が出た際に、真っ先に名前が挙がる病院があります。それが、大阪は堺市にあるしもむら動物病院。, 一般外科や内科はもちろんのことながら、こちらの病院が得意としているのが、フレブルに多い軟口蓋過長症や鼻腔狭窄に代表される軟部外科と呼ばれる分野です。, 実際に軟口蓋過長症の手術を受けるフレンチブルドッグはかなりの数に上ります。それだけに、まずは私たちがこれらの病気についてしっかりと学ぶことは必須。, 関西圏以外の患者さんにも選んでいただけることはとても嬉しいですし、それだけ信頼されているのだと気持ちが引き締まります。, ただ、フレブルオーナーさんにとって軟口蓋過長症は非常にメジャーな病気ながら、短頭種以外のドッグオーナーさんにとっては病名すら聞いたことがないという人も多く、マズルの長い犬にとっては縁のない病気。, そのため軟口蓋過長症の手術そのものを実施している病院は決して多いとは言えず、とりわけ麻酔リスクを気にされるブヒオーナーさんにとっては病院選びそのもので迷われる方が多いのでしょう。, 当院は月に1〜2度程度軟口蓋過長症の手術を実施し、年間約15頭、今までに50頭くらい手術していますが、麻酔や手術で亡くなった子は1頭もいません。, また、手術を行った50頭のうちの約95%がフレンチブルドッグということもあり、オーナーさんの口コミを頼りに遠くからでも来ていただける方が多いのだと思います。, 本音を言えば経過をしっかり見たいので数日入院してもらいたいところなのですが、私自身がフレブルと長く暮らしていたため、甘えん坊で意外に神経質な彼らの性格をよく知っています。, だからフレブル自身に精神的な負担をかけないために、手術の完成度を上げてその日のうちに大好きなご家族の元にお返しするようにしているのです。, 喉の奥の天井部から後ろに向かって伸びている柔らかい部分を「軟口蓋」と言い、フレンチブルドッグは先天的に軟口蓋が分厚くて長い傾向にあります。, この軟口蓋が長くなると気道の入り口を防いでしまって炎症を起こし、呼吸困難を引き起こす原因となるのです。, 軟口蓋過長症は短頭種気道症候群と呼ばれる病気の一種で、放っておくと頻繁に喘いだり咳き込むことや吐き戻しが増えたり、最悪は命を落とすことも。, ガーガーという息遣いをしたり大きなイビキをかくフレブルは多いですが、こういった症状は病気のサイン。, 熱中症に陥るリスクも上がるため、愛ブヒの呼吸音やイビキが気になったらまず軟口蓋過長症を疑ってください。, なお、オーナーさんに必ず知っておいて欲しいのが、短頭種気道症候群は進行性の病気であること。, 進行性ゆえに放置しておくと喉頭蓋の麻痺や気管虚脱に発展することもあり、そもそも軟口蓋過長症であるというだけでブヒにとっては常に息苦しく苦しい状態なのです。, 私自身は進行性であるということや彼らの体力を考え、軟口蓋過長症の手術をするのであれば生後4ヶ月から24ヶ月以内に行うべきだと思いますが、その期間を過ぎていたとしてもなるべく早いに越したことはありません。, 麻酔リスクを理由に手術を迷って先延ばしにしているオーナーさんがたくさんおられますが、医師としては手術をせず先延ばしにするの方がリスキーだと言わざるを得ないのです。, このレーザーは人間だと美容外科でのホクロ除去などに使われており、メスを使わないので出血が少なく済むため手術部位が見やすく、そのおかげでより安全に、迅速かつ的確な手術ができるのが特徴でしょうか。, こういったレーザー装置にはいくつか種類があるのですが、私は軟口蓋などの粘膜部分の手術にはCO2レーザーが一番向いていると思います。, 熱のダメージが少なく細かな操作がしやすいうえ、レーザーで患部を焼き切るので切った後の傷が閉じやすく、術後の浮腫みが少ないのもポイントです。, 軟口蓋過長症の手術は患部が喉の奥になるので、術後に手術した部分が浮腫むと呼吸が苦しくなりますからね。この術後の経過の良さが日帰り手術を実施できる要因のひとつでもあります。, そしてフレブルオーナーさんが危惧されている麻酔についてですが、当院では特に特別な何かをしているわけではありません。, 麻酔薬には一般的なものを使っていますが、心掛けているのは麻酔が効いて意識がなくなった時にしっかりと呼吸ができるように正しく気管チューブを挿入して気道を確保すること。, それと麻酔自体は看護師が行うのですが、当院の看護師は12年のキャリアを持つベテランで認定動物看護師資格を持っています。, 看護師とともに患者の表情や舌の動き、呼吸の強弱や速度、血圧などをチェックしながら麻酔をかけることで安全性を確保しています。, 実際のところ多くのオーナーさんが麻酔についての不安を口にされますが、経験に裏付けられた技術と正しい処置ができていれば、それほど心配することはないのですよ。, 鼻腔狭窄症でない場合なら軟口蓋の手術だけで効果が得られますが、軟口蓋は手術せずに鼻の手術だけを行なった場合は効果が薄いと言えるでしょう。, ところで、一度軟口蓋過長症の手術を受けたにも関わらず、また軟口蓋が伸びてきて再び手術をしなければならないというケースを時々耳にしますが、これは鼻腔狭窄症手術を同時に行うことでも軽減できます。, 当院では取り除く軟口蓋の範囲が広いので手術直後の再手術は過去に例がありませんが、軟口蓋が伸びるのは空気を一生懸命吸い込む際に起きるマイナスの圧力によるものなので、術後しばらく経過してから伸びる可能性はあります。, 実は軟口蓋過長症の手術方法自体は広く知られているのですが、命に関わるリスクがあるからやらないという先生も少なくないのです。, それと同様に、フレブルやブルドッグに多い尻尾のトラブルもCO2レーザーで手術が可能です。尻尾がくるりと捻れている子だと空気に触れない密着部分に間擦疹(摩擦によって起こる肌荒れ)が起こり、それが痒みや痛みの原因になります。, この場合は皮膚が入り組んでいる部分をレーザーで除去するのですが、原因そのものを取り除くので再発はありません。, よくベビパウダーや軟膏を塗って対処するオーナーさんがおられますが、これはあくまでも一時しのぎの処置。原因がある限り治ることはありません。, ただ、この手術も実施している病院は少なく、それはやはり下肢の神経症状に作用する馬尾(ばび)神経に近い部分だから。, 万が一馬尾神経を損傷るすと麻痺やしびれが残るため、この手術を請け負う病院そのものが少数なのです。, 私は自分がフレブルやブルドッグと暮らしてきたからこそ、彼らの健康がどれほどオーナーさんを喜ばせるのかよく知っています。, だから一般的に避けられがちな手術もやる、自分で難しければ信頼の置ける専門医を紹介する、というのがポリシーですね。, フレンチブルドッグに多いのはチェリーアイという症状で、これは下まぶたの内側にある第三眼瞼の根元の付け根がゆるむことで起きるもの。, 実はフレブルに目のトラブルが起きやすいのは、マズルが短いため眼球が様々な障害物に触れやすいからだと思っている方が多いのですが、これは間違い。, そのため瞳に違和感があっても気付きにくかったり涙の分泌が少なくドライアイになってしまうことが多く、知らないうちに症状が進行してしまうことが多々あります。, だからこそオーナーさんがよく見てあげ、目ヤニの量や瞳のツヤ、白目の充血がないかなどを日々確認してあげてください。, フレブルは顎の力が強いため、硬すぎるおもちゃを噛んで歯が割れてしまうことが時々あります。そのため口の中のチェックも合わせて行いましょう。, ちなみに、最近はショートボディのフレブルがすごく人気ですよね。確かに大きなお顔にぎゅっと詰まった短いボディは可愛いけれど、胴が短いということはそれだけ胸骨が短く詰まっているということ。, そのせいで神経が圧迫されて麻痺しやすかったり、先天的な骨の奇形が起こりやすい傾向にあります。, これは私の個人的な意見ですが、いずれはフレブルのショートボディ信仰がなくなり、無理のない体格でブリーディングされる子が増えることをいちフレブル好きとして願っています。, 病院内に足を踏み入れた時に気づいたのが、あちらこちらに鎮座する多彩なフレブルグッズ。, これらは患者さん家族から送られたものや院長自らが買い集めたものまで様々ですが、これを見ただけでこの病院はフレブルに強い、と確信できました。, 院長ご自身がイングリッシュブルドッグやフレンチブルドッグと長く暮らされていたので、彼らのことがすごく好きだということはもちろん、扱い方や病気についても熟知されています。, また、月に1度、獣医皮膚科・耳科の専門企業である「ベッドダーム東京」から最新のスキンケア科学を専門とする下浦宏美先生を迎えて予約診療を行っているので、皮膚トラブルに関してもしっかりお任せできるのが多くフレブルオーナーに支持される理由なのでしょう。, 麻布大学(内科学第三講座、獣医眼科学)を卒業後、5年間大阪府内の動物病院(うち1年間を夜間救急病院)にて勤務し、2001年にしもむら動物病院を開業。, 定評のある麻酔技術を活かした多彩な外科手術を行い、特に軟口蓋過長症手術は噂を聞きつけたフレブルオーナーが日本各地から手術に訪れるほどの手腕。, 整形外科や皮膚科など専門性の高い症状は各専門医と提携した治療を行うことでも知られ、分かりやすい説明と的確な判断も支持されている大きな理由。, 最近14歳という長寿を全うしてくれた相棒のブリンドル、ドンちゃんを見送られたそうですが、過去の相棒も鼻ぺちゃばかりという生粋の鼻ぺちゃわんこ好きです。, 2003年に欧州で行われた調査によれば、手作り食をあげ続けているワンコは、市販のフードの子に比べて「平均寿命が3年も長かった」そうです。食事は健康に直結しますから、その結果にも納得できる、とはいえ…。, 働くパパとママは本当に忙しい! 愛ブヒのごはんを作るどころか、その正しい知識を勉強する時間もなかなかとれません(だって、愛ブヒと遊ぶことを最優先したいし)。, 今回ご紹介するのは、日本初・新鮮な手作り食が届くフードサービス。プロの力を借りて、愛ブヒの「さらに3年長生き」を目指しましょう!, 肌寒い日がつづき「そろそろ冬支度でも…」なんて考える今日この頃。この時期になると、無性にカレンダーが欲しくなりますよね。, 今回はFrench Bulldog Life編集部イチオシのカレンダーをご紹介。フレブルオーナーにはおなじみのフォトグラファー、内山慎吾さんが手がける“ゼッタイ飾りたくなる”逸品です!, 人間の手が加わる前の犬たちの平均寿命は、およそ25年だといわれています。犬は自ら狩りをして獲物をとらえ、“カラダが欲する草”によって体内環境を整えてきました。, 昔の犬たちは何を食べていたのでしょうか…そして、それに基づいて作られた大注目のフードを発見!, 今年も残すところ1ヶ月になりました。我々フレブルオーナーが思わずため息をつきたくなるのが、年末の大掃除。だって“抜け毛”があるぶん、犬と暮らしていない人に比べて何倍も時間と手間がかかるわけですから!, そんな方々にオススメしたいのが、パナソニックのコードレススティック掃除機「パワーコードレス」。ペットの毛がほとんどからまない『からまないブラシ』が新搭載されたのです!, 以前French Bulldog Lifeでもご紹介して大反響。年末こそ『からまないブラシ』を使ってほしい理由を編集部が力説します!, 10歳を超えても元気なブヒを、憧れと敬意を込めて“レジェンドブヒ”と呼んでいるFrench Bulldog life。その元気の秘訣をオーナーさんに伺うのが、特集『レジェンドブヒの肖像』です。, 今回は、16歳にしてまるでパピーのようなゴン太くんの登場です。長生きの秘訣は、「これをしないと1日が終わらない」と、ゴン太くん本人も思っている節のある、あのケアでした。, 新しくも懐かしいリラックスライフを演出するアパレルブランド「TES(The Endless Summer)」。, そんなTESのデザインを手がけるSHARES DESIGN(シェアーズデザイン)から、愛ブヒの名前を入れられるカスタムオーダーが誕生!, その魅力をたっぷりとご紹介します!FBLオンラインストアからオーダーができますので、最後までお見逃しなく!, 現在フレンチブルドッグと暮らしているみなさん。そして、これからフレンチブルドッグを迎えようとしている方々。ケージやトイレシートなど、はじめに準備するものはナントナクわかりますよね。でも、実際に迎えてから一番困ることといえば…「しつけ」や「トレーニング」といった知識や経験が必要なもの。, 今回ご紹介するのは、獣医師監修・自宅でできるトレーニングセット『こいぬすてっぷ』。毎月その時期に合ったトレーニングのガイドブックと、その子におすすめのおもちゃ・ケア用品のセットが送られてくる画期的なサービスなのです!, みなさんが愛犬家ならぬ“愛ブヒ家”として思い浮かぶ芸能人といえば、草彅剛さん、レディー・ガガさんなど、フレブルを飼っている方が多いと思います。が、ロッチ中岡さんも、じつは大のフレブルラバーだというのをご存知ですか? フレブルを飼っていないのにもかかわらず、中岡さんのインスタグラムを覗くと、たくさんのフレブルアカウントがフォローされていて、わが『FRENCH BULLDOG LIFE』モデルのnicoやトーラスも、その中の一頭。. そんな中岡さんに、フレブルの魅力を語っていただきました。そのブヒ愛っぷりは、思ってた以上! ガチ中のガチでした!? 1) フレンチブルドッグやパグなどの鼻ぺちゃさん(短頭種)は呼吸に問題を抱えやすい 2) 特に暑くなる夏場には窒息死をする可能性がある 3) 緊急の場合には手術(軟口蓋切除)が必要になることがある 東京都文京区にあるパティ動物病院は、豊島区からも近くアクセスに便利です。犬猫専門の動物病院ですので、犬の事、猫の事はお任せ下さい。特に皮膚科・歯科に力を入れて治療を行っておりますが、様々な治療に対して積極的な医療が行えます。 © French Bulldog Life All Rights Reserved. 軟口蓋は脂肪の溜まりやすい所ということで、また伸びてこないように、膝のリハビリと同時に体重管理に気をつける努力を犬共々してまいります。 鼻孔狭窄・軟口蓋過長・乳腺炎(避妊手術) 犬 フレンチブルドッグ ボタンちゃん 1歳 フレンチブルドッグの中でも値段の高いパイドの子犬。成犬の交配で可愛いパイドを産ませたい。. 2020.10.22(木) こんにちは、涼しくなってきて犬も快適そうにしています。 今日は鼻腔狭窄手術についてです軟口蓋過長症と合わせて手術することが多いのですが子犬の時期だと軟口蓋が伸びていないことが多く鼻腔狭窄だけの手術になることもあります。 2016年04月23日 投稿者:staff. フレンチブルドッグ ... ↑術後、いい子です。鼻腔拡がっています。 ↓ここをco2レーザーで切ります。 ↓切った後 ... ↓鼻の組織と、切り取った軟口蓋. 今月初旬…、大吉が軟口蓋過長症と鼻腔狭窄症の手術を受けました。当初、3月に受ける予定だったのですが…、中耳炎からの脳髄膜炎を起こし、一昨年と同じ耳の手術を受け… みなさんは愛ブヒのマウンティングを見たこ... 後ろ向きダイブを目撃中。 ミカエル - イングリッシュブルドッグ. It appears that you have disabled your Javascript. あまりに可愛らしいこの姿... マウンティングって、どんなもの?  フレンチブルドッグはよくイビキをかく犬種ですが、一定のリズムで大きなイビキをかく子は軟口蓋過長症の可能性があります。この病気は、ノドの奥にある軟口蓋が長く・分厚くなっているため空気の通り道にフタをしているようなもの。そのため、食事をのどにつまらせたり、うまく飲み込めずに吐きだしてしまうことがあります。ごはんを食べているときに、大きな口を開けて「ガァッ」と吐き出すような症状(吐き戻し)がある場合は、軟口蓋過長症を疑いましょう。また、この病気は空気の通り道 … 軟口蓋過長症も全身麻酔を含めた手術が治療に必要な病気なので、獣医師に相談の上、適宜手術を行ってください。 いびきを改善させるには 愛犬のフレンチブルドッグがいびきをかいている場合、飼い主にできる改善方法をご紹介しましょう。 現在1歳になる、オスのフレンチブルドックと暮らしています。2017年12月23日に去勢手術を行う際、併せて軟口蓋長と鼻腔狭窄症の手術も行いました。 リビングでテレビを見ているGriffinとHaru。テレビには、誰かの後ろにヒュ〜... 【感謝のメドレー第1弾】FBL5年目・BUHI15年目に突入!星野リゾート、パナソニックスティック掃除機など豪華プレゼントをご用意!, 猛烈にだらしない寝相で、何か食べる夢を見ているフレブルさん。ピュアに幸せそうで、ただただ愛おしい【動画】, やっぱフレブルの“おくるみ”しか勝たん…と思っていたが、脱いだらちょっと…マジ桁外れで可愛過ぎてやられた。【動画】, 【マウンティング】なんでするの?させてもいいの? 腰振り行動をする3つの理由と「絶対にさせちゃダメ」な場合とは, 絶対に受け止めてくれるもんね。フレブルに『疑う』感情など皆無、だから“後ろ向きダイブ”は何のドキドキも無いのよ。【動画】. 元気の素(軟口蓋鼻腔手術その後),2歳5か月で旅立ったフレンチブルドッグのアレクサンダー。彼の生きた日々の証しと尽きない思慕を、そしてその後迎えた波琉太(はるた)の毎日を短歌のかたちにして … カテゴリー:呼吸器 犬 症例紹介 軟口蓋co2レーザー手術、鼻腔拡張手術を しました。 10歳でした。 高齢のため麻酔が不安定でしたが、よく頑張って くれました。 その日に無事、名古屋に帰り着きました。 ヨカッタ 後に電話で「呼吸が楽になった」と 報告してくれました。 麻酔リスクを理由に手術を迷って先延ばしにしているオーナーさんがたくさんおられますが、医師としては. 対象ペット:犬 / フレンチブルドッグ / 性別不明 / 年齢不明 2008/06/28 19:23. フレンチブルドッグや犬のよくある病気や怪我とその対処法のご紹介。気管・呼吸・皮膚・血液・高齢犬に多い病気。気管虚脱、軟口蓋過長症、鼻膣狭搾、皮膚炎、ノミ、マダニ、毛包虫症、ニキビダニ、痴呆、血液病などについて。   今... これぞ究極のおくるみ。 かいくん! In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript! 犬 / フレンチブルドッグ / 男の子 / 1歳 1ヵ月 質問者 東京都 / Katsuさん 質問日時 2018/02/15 13:45. お世話さまです。アドバイスどうぞよろしくお願い致します。 愛犬は2歳フレブル♀避妊済み、6キロの小柄です。 避妊手術と一緒に軟口蓋過長症の手術をして、まだ半年経ちません。